branch4 Blog

Internet development with every single possibility.

Ansible入門 - Playbookを使ってみる -

| Comments

またしても Ansible エントリでございます。@xengineer01です。

ansible logo

ansible の基本的なとことか、ansible の ad-hoc mode については、 以前の記事 をみていただきまして・・・

今日は、ansible で playbook 使ってってみようかね。
include とか、vars とか、role とか沢山便利機能があるけど、
今回は playbook を使う!以上のことはしませぬ。
なぜなら僕は ansible 初級。

ざっくりagenda

  1. システム構成
    • 今回の検証環境のシステム構成紹介
  2. Ansible playbookについて
    • 簡単に紹介
  3. やってること詳細
    • 今回やったことの詳細

こんな感じ。

Oracle 実行時間の長いSQLの見つけ方

| Comments

はい、こにゃにゃちは。risterlabです。
11月にイタリアに行くことになって、今からでもワインを飲めるようになりたーい、って思ってるところ。

本題はOracleで実行時間の長いSQLをNagiosで監視したので、それについて。
だいたい1時間以上実行してるSQLなんてろくなことないですよね。
何かあってから犯人探しをするよりは、事前に怪しいやつを押さえておきたい。そんな人は読んでください。
long-elapsed-sql-oracle
photo credit: Armchair Aviator via photopin cc

Ansible入門 - Ad-hoc Modeを使ってみる -

| Comments

予定より少し遅れて Ansible エントリでございます。@xengineer01です。

ansible logo
ansible badge

Ansible とは?


Ansible は、configuration management tool というやつですわ。
continuous delivery/continuous deployment とかに用いられますよ。chef/puppet/capistrano的な。

さて、私昔、chefを使おうとして挫折した組です。理由は沢山あるんですが、 まぁぶっちゃけ難しくてわからなかったですw

Ansibleの何がいいって、techrachoさんもいってらっさいますが、シンプルそうなんですよ。

なので触ってみます、勝つまでは。

ざっくりagenda

  1. システム構成
    • 今回の検証環境のシステム構成紹介
  2. Ansible について
    • 簡単に紹介
  3. Ansible の使い方
    • 簡単に紹介
  4. Ansible 全体像
    • remote server の認証方法
  5. Ad-hoc mode で使ってみる
    • 実際使ってみる

こんな感じ?

公開鍵を用いたssh認証 - ノンパスでログインしちゃうYo ! -

| Comments

こんにちは。公開鍵認証について興味を持った、@xengineer01です。
なんの特徴も変哲もないブログですわ。
まずはいい写真撮るなべちゃんの作品紹介から。

Big Sky
※ Hiroyuki Watanabeの写真で、http://my-eyes.net/に元があります。

概要


本エントリでは、公開鍵と秘密鍵を用いた認証方式について、さらっと紹介します。

認証と言っても色々ですな。

  • 古き良きパスワード認証
  • 詰めちゃったら終わりの指紋認証
  • パスワードの一種だけど、OTP(One Time Password)
  • 鍵認証

などなど他にもありますが、今回は、パスワード認証と、鍵認証(の中でも公開鍵/秘密鍵)について。 特に、sshの認証に使う場合の違いを絡めて紹介します。

DynamoDBの本番とテスト環境の分け方

| Comments

はい、こんばんみー。最近カレーにますますハマってるristerlabです。
南インドより北インドカレー派ってことが最近わかりました。
もはやナンいらなくてカレーだけでも飲めます。うそです。チャパティ派です。

戯言はその辺にして、今回はDynamoDBでの本番環境とテスト環境の分け方を。
test-and-production-dynamodb
photo credit: The Preiser Project via photopin cc

うちではテスト環境としてDynamoが使えるかは下記2つの条件がありました。

  1. 同じテーブル名のものを複数作成できること
  2. テスト環境へのクエリが本番環境へ発行されてしまう危険性がない、またはとても低いこと

Hashicorpの新プロダクト、Terraformのドキュメントを読みましたよ!

| Comments

はい、前回の宣言を無視して、Terraformエントリを書く@xengineer01です。
(前回は、「次は Ansible」って言ってた)

目的と概要


タイトルそのままです。
ほんとに読んだだけなんです!w

ちなみに、ドキュメント読みながらエントリ書いてみて、最終 terraform を実際使ってみるには至りませんでした。 結局こんなことに使うのね、というところまでは行ったものの、まだProviderサポートが弱いのと、 AWS をサポートしてるものの、EBS は作れなそうだったり、CloudFrontもこれからぽいので、 時間かけて使ってみても、僕が実用するのは先かな、ということで、

  • ドキュメント読んでみた感想

のみ!にとどまってますw

readonly
photo credit: takomabibelot via photopin cc

Set the Time of EC2 ~ How to Avoid the Initialization of the Time Setting ~

| Comments

Hi, I’m risterlab, a web infrastructural engineer who love vegetables.

digital clock

Today, I give some tips about setting the time on EC2 of AWS.
(AWS, is a cloud hosting service of Amazon)

If you set the time from UTC to your local time by following the instruction you usually get from googling,
the time of EC2 might be reverted to UTC after the server reboots,
not every time but sometimes…

Fluentdのテスト環境をvagrantでセットアップしてみるべ(複数サーバ管理)

| Comments

こんにちは。前回の続きで、またVagrantのエントリ書いてる@xengineer01です。
Vagrant は、前回も書いた通り、開発環境構築用の application で、色んな仮想化ソリューションに対応してて便利なツールでございます。 今回はそんなツールで、複数サーバを簡単に管理しちゃおうぜ!的なエントリ。

vagrant logo

システム構成図


まずは今回作ろうとしてるシステムの構成図。

Appサーバのapacheのログを fluentd(HA) に投げて、postgres insertくらいを一旦の目処にしようかね。
最終的には、HTTP(RESTなのかは不明)で別apに投げるのと、S3でのバックアップ、くらいまでをやるか、 と思ってはいるけどどこまで書けるやら・・・。

mul2ti server01

求められる人材(後半)

| Comments

games
photo credit: John-Morgan via photopin cc

市場激変の中で、今必要とされるソーシャルゲーム業界のプランナー、ディレクターと人材傾向(後半)

こんにちは!毎日暑くて溶けるねー。
今日こそは核心にたどり着きたいmaringerzです。

前回は、業界の変遷について書いてるだけで終わっちゃったので、今回は、それでどんな人材が必要なのよ? というところまでがんばるぞ〜!

求められる人材(前半)

| Comments

games
photo credit: bernat… via photopin cc

市場激変の中で、今必要とされるソーシャルゲーム業界のプランナー、ディレクターと人材傾向

こんにちは!毎日暑くて溶けるねー。

前回ブログ書くよーっと言ってから、、はや1ヶ月。。
当然、、前のめりなワタシと言ったら、毎週書く気概でいたけれども、
ずぼらなワタシには全ーん然、無理無理ちゃんでした@@;

今日は、ソーシャルゲーム業界で新しいゲームを生み出し、サービスを提供し続ける企画者たち、 ここではプランナー、ディレクター職についてのお話をします。 以下、あくまで私主観でのお話なので、何言ってんのーって内容があったらご了承くださいませ。 特に記載年代については、完全なるうるおぼえです><

そして書いてたらながーーーくなっちゃったので、2回に分けて掲載いたします。
前半は、「ソーシャルゲーム業界の変遷」について書こうと思います。
後半は、それを受けて、具体的にどんな人材が求められているか、を書く予定です。